最新情報

2018年11月1日更新

2018年度中部労福協 研究集会が開催されました

     中部労福協の研究集会が、下記の日程で開催されました。

  • 日 時:2018年10月11日(木)~12日(金)
  • 場 所:滋賀/クサツエストピアホテル
  • 内 容:
    <開催地特別講演> 
     近畿の暮らしと命を守る琵琶湖 ~災害多発時代の自助・共助の仕組みを考える~
       講師:前滋賀県知事 嘉田由紀子氏
    <講演1>
     居場所のない若者達が社会へ旅立つために ~四つ葉のクローバー・支援の現場から~
      講師: NPO法人四葉のクローバー 理 事 森重重則氏 施設長 池上悠樹氏
    <講演2>
     カードゲーム「2030SDGs」
      講師: (一社)イマココラボ メインファシリテーター 風かおる氏

 開催地特別講演では、元日本環境社会学会会長、農学博士でもある嘉田由紀子氏から、琵琶湖が近畿の水源になると同時に、大雨時には淀川水系における琵琶湖が果たす役割等について詳しく説明いただきました。

嘉田由紀子氏

 また、滋賀県守山市で活動をしている「四つ葉のクローバー」からは、児童虐待から子どもを守る取り組みや支援等、若者の居場所づくりの必要性について説明いただきました。

四つ葉のクローバー

 2日目は2015年9月の国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」。国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標で、私たちの世界は持続可能なのか?このことをカードでわかりやすく説明いただきました。

風かおる氏