最新情報

2017年2月8日更新

舞の海講演会 開催!

 大阪労福協が年2回開催する時局講演会。今回は2月2日に大相撲解説者の舞の海秀平さんをお迎えし、ご自身が角界に入門した際のエピソードや、小錦や曙など大型力士との取り組みについて実演を交えながら講演いただきました。

舞の海秀平さん

舞の海秀平さん

  今講演会のタイミングは、奇しくも初場所で稀勢の里が初優勝、そして横綱昇進。日本人力士としては若乃花以来19年ぶりの誕生で、相撲界が大いに盛り上がっている時期でのまさにタイムリーな開催となり、1月中旬頃から参加申し込みが増え始め、申し込み段階では180名を超え、主催者としては喜ばしい限りでした。

 冒頭、山﨑会長の挨拶の後、 舞の海さんから解説者泣かせの力士の話、それが実は稀勢の里であったという粋な話から講演会はスタートしました。

山﨑会長の挨拶

山﨑会長の挨拶

 舞の海さんといえば新弟子検査時の頭部シリコン挿入や大型力士との対戦等、数々の逸話があり、それを包み隠さずお話しいただき、会場は爆笑する場面もしばしばありました。また、高校教師の職まで決まっていた舞の海さんが、何故角界入門を決意したか、その理由を聞いた時には思わず涙が出る場面もありました。会場は最後まで熱気に包まれて、非常にいい講演会だったと考えます。

 次の講演会は6~8月頃に開催予定です。お楽しみにお待ちください。