チキチキちい記〜地域労福協だより

鉛筆アイコン526号 河内労福協(2019年1月22日)

みかん狩り&バーベキュー

 河内労福協「恒例行事」の『みかん狩り&バーベキュー』が上ノ太子観光みかん園で、2年ぶりに開催されました。

 昨年はみかんが「大不作」ということで、泣く泣く中止となりましたが、今年は、晴天のもと12月1日(土)に開催しました。上ノ太子観光みかん園は11月末で通常営業終了というところ、ご厚意で12月1日(土)の開催にご協力いただきました。ほぼ貸切りの状態で参加人数は、大人が309人、小さな子どもたちを加えると350名あまりの過去最多の参加者に来ていただきました。

 師走の初日、寒いだろうとの予想に反して、朝から十数度の気温で冬とも思えないお天気、時折さす日差しはとても暖かいうれしい朝となりました。

 スタッフとして、8時半ごろに園の入口に到着しますと、既に園の方が受け付け用の机を準備されていて、駐車場もすぐ開門していただきました。

 みかん園入口前の、河内労福協受付から山の上のレストハウスへ坂道を歩いていきますと、たくさんのみかんが見えてきました。きつい坂道と、暖かい天気で、汗ばむくらいでした。レストハウスより上側の山がみかん狩りの指定場所でしたが、木々にはたくさんのみかんが実り、受付で配られた、おみやげ用のかごは、すぐにいっぱいになりました。

 みかんは少し小ぶりのものが多かったですが、とても甘くておいしいみかんでした。

みかん狩り&バーベキュー
みかん狩り&バーベキュー

 食事前のみかん狩りの後、レストハウス、展望台、見晴亭に食事場所が用意され、バーベキューの昼食を楽しみました。

みかん狩り&バーベキュー

 そして、お楽しみの餅つき大会、今回は良いお天気なのか、レストハウス前の遊歩道わきでおこなわれました。

みかん狩り&バーベキュー

 ベテラン(退職者会)スタッフが粗方ついて、最後の仕上げ?を小さな子どもたちに代わるがわる杵を任せました。お餅をつく子ども(孫)のシャッターチャンスを待つお父さんお母さんやおじいちゃんの顔も、子どもたちと同じぐらいにこやかで楽しんで頂いていました。餅つきの順番待ちの子どもたちの列も長いですが、つきたてのお餅でつくる、きな粉餅の順番待ちの列は、子どもから大人までさらに長い列となりました。合計3臼ついたお餅を皆でおいしくいただくことができました。

 お餅つきのあとは、また、みかん狩りを楽しむ方や、頂上まで登りアスレチックを楽しむ子どもたちや、炭火を囲んでワイワイガヤガヤ談笑される皆さんなど、楽しいひと時を過ごしておられました。

 12月でしたが、春先のような雰囲気の中での「みかん狩り」「バーベキュー」「お餅つき」と楽しいひと時を過ごした「ファミリーイベント」の取り組みとなりました。

 ご参加のみなさん、みかん園の皆さん、そして労福協スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 また、来年もご参加をお待ちしています。2019年11月30日(土)に予定しています。

文字サイズ:小中大

最近の記事