チキチキちい記〜地域労福協だより

 北大阪地域労福協    344.大阪から元気を発信しよう!(11.7.5)


 
6月30日(木)、北大阪労福協は第15回定期総会を千里阪急ホテルで開催した。
 開会に先立ち、東日本大震災で犠牲になった
方々の冥福を祈り、黙祷をささげた。
松倉会長の挨拶では、いずれ必ず起きると言わ
れている東海、南海、東南海自身に備え、地域に
根ざす私たちが、地域ネットワークを構築しなけれ
ばならないと決意の一端を述べた。また、この1年
を振り返り、多くの人をもっと集めるには、情宣活
を見直さなければならない等、いくつかの反省を
踏まえて次期の活動の充実を図っていくことを提
起した。
 
   来賓には、連合大阪田中副事務局長、北摂市
長会を代表して野村茨木市長、大阪府総合労働
事務所北大阪センター山本センター長と奥休場
総括主査にお越しいただいた。総会議長に選出さ
れたサービス・流通連合の宮崎さんの進行で進め
られ全ての議案を満場一致で可決した。
 第2部では、本年春に開催された「第1回写真展」
の受賞者の表彰が行われた。また、チャリティーコ
ンペで集められたカンパ金を東日本大震災の義援
金として大阪労福協山田会長に手渡した。、
 
 
 さらに第15回を記念しサプライズ企画として、
ベリーダンスを披露した。突然の華やかな
ショーに戸惑いを隠せなかった方々も、次第
に盛り上がり最後には盛大な拍手と歓声で
幕を閉じた。
 会場には、ライフサポートセンターの相談員
として活躍されている皆さんにもお越しいただ
いた。この中で、6月30日付で退職をされる
井上修さんをご紹介し、全員の労いの拍手で
送った。
 
 閉会にあたって、福井副会長は、「大阪から元気を発信しよう。そのために北大阪労福協の
果たす役割は大きい。皆さんの協力をいただきたい」と締めくくった。

文字サイズ:小中大

最近の記事