チキチキちい記〜地域労福協だより

 大阪労福協     342.時局講演会を開催! (11.6.7)


 
強靭(レジリエント)な国をめざして、人事を尽くそう
演題 「日本復興計画~東日本復活5ヵ年計画と列島強靭化10ヵ年計画」

 

“国想う”土木工学の気鋭の研究者が、心理学・教育学・哲学の実践活動を通じて熱く語る!
藤井 聡氏(京都大学教授 都市社会工学専攻)の講演会開催
 
 
大阪労福協携帯サイト
「公共事業が日本を救う」(文春新書)や「列島強靭化論」(文春新書)で、強靭(レジリエント)な国を目指して日本は必ず復活する!と堂々主張し、震災直後の今年3月24日参議院予算員会の公聴会で、国会議員は日本復興計画のための政治判断をすべし、との「檄」を飛ばした藤井教授にお話をしていただきます。「政治判断」の内容は? 私達はなにをなすべきか? 奮ってご参加ください。
  日時  2011年8月26日(金)
  開場 18:00~ 開始18:30~ 質疑応答20:00~ 終了20:30
  場所 エル・おおさか(地下鉄天満橋駅すぐ 大阪市中央区北浜東3‐14)
      7階 708号室 定員100名  入場無料
  申込方法 メール:osakarofukukyo@yahoo.co.jp 又は
  TEL06-6943-6025・FAX06-6943-5347 にて氏名・人数をお知らせ下さい。
  〆切8月5日  (定員になり次第受付を終了します。)
  藤井聡氏は主張する―マスコミが取り上げない“目から鱗”の情報
 「首都直下型地震と東海・南海・東南海地震の双方が連発することは150年前にもあったし今回も十分にありうる」

 「富士山噴火は絵空事ではない」「巨大なデフレギャップの下での復興財源は増税ではなく国債で」・・・・
問合せ先:大阪労働者福祉協議会(大阪市中央区北浜東3‐14 TEL06-6943-6025)
チラシをプリントアウトされる方はこちらから
 
 

文字サイズ:小中大

最近の記事