• HOME
  • 大阪労福協とは

大阪労福協とは

大阪労福協・組織図

 大阪労働者福祉協議会(略:大阪労福協)は、勤労者と家族の暮らしや福祉の向上を求め、労働団体や労働者福祉事業団体と緊密な連携を取りながら、相互の協力と協同による活動を進めるとともに、地域や職場から「絆を大切にする社会の実現」を目指しています。

 大阪には、大阪市地域労福協、北大阪地域労福協、北河内地域労福協、河内地域労福協、大阪南地域労福協の5つの地域労福協があり、勤労者・市民の福祉向上に向けたさまざまな事業を展開しています。


運動の基本と労福協の使命

 大阪労福協の活動の基本理念は「働く人々とその家族の生活向上と安定をはかり、平和で豊かな暮らしを保障する社会の実現をめざすこと」にあります。

 労福協は、この理念の実現に欠かせない福祉の問題を指摘し、常に働く者の立場に立って社会に働きかけています。そのために労働団体、および労働金庫、全労済などの自主福祉事業団体と協力し、公的福祉の充実・拡大にむけた活動に取り組むとともに、福祉と環境にやさしい地域社会の実現をめざして総合的な運動を行っています。

 また労働金庫や全労済などの自主福祉事業団は、組合員の方だけでなく、組合のない職場で働く人々も含めた、すべての勤労者とその家族の生活設計を支援する福祉活動を地域に根ざして展開しています。

地域の勤労者の「よりどころ」に

 大阪労福協は、高齢社会にふさわしいライフスタイルや生きがいをテーマにした講演会の実施や、退職に向けた準備セミナー、労働組合の会計のあり方を中心として税務研修会、好評のなにわ美術展、ランチたいむコンサート、地域労福協で取り組む生活支援相談へのバックアップなど、事業団体や地域と一体となった事業を進めています。

 時代の変化に対応した福祉活動の推進、地域労福協の取り組みに事業団のニーズを反映させた「ワンストップサービス」機能の充実、退職準備セミナーや多重債務相談を進め、労働団体が取り組む「なんでも相談センター」事業とのネットワークや地域労福協と連携して中小企業勤労者福祉サービスセンター(互助会・共済会)の未設定自治体での設置や既存設置市への広域化促進の取り組みを推進しています。